節税のプロ

住民税の仕組み

サラリーマンの給与明細に記載されている税金には大きく分けると所得税と住民税があります。
どちらの税金も支払う金額の決め方が違っています。 場合によっては節税することが出来るので、しっかりと税金対策を行っていきましょう。

詳細を確認する

保険料空所

サラリーマンのほとんどの方が加入している民間の保険にも節税対策を出来る部分があります。
それは保険料空所と言われるもので、支払っている保険料が多ければ多いほど免除される税金の金額が大きくなります。

詳細を確認する

資産運用で株式投資

低所得時代になっていることもあり、多くのサラリーマンが株式投資を行うようになっています。
そんな株式投資においても実は節税を行うことが出来ますので、もし株で損をしてしまった場合はちゃんと申告するようにしましょう。

詳細を確認する

扶養控除で

扶養家族についての年末調整を行うことで、サラリーマンの方は所得税の節税対策を行うことが出来ます。
ですから、しっかりと扶養家族控除についても理解して、必要ならば確定申告で所得税率を下げるようにしましょう。

詳細を確認する

収入が減り続ける

今の日本はとても景気が悪く、どんどん会社で働くサラリーマンの年収は下がり続けています。
そんな中でもちゃんと収入を確保するためには、しっかりとした節税対策を行っていく必要があります。
あまり知られてはいませんが実は普通の所得においても節税することが出来る部分というものがあります。

通常、会社から支給される所得というものは色々な税金や社会保険といった支払う必要がある金額を差し引いた可処分所得となっています。
この可処分所得の中も実は節税することが出来ます。
そのためには税金の仕組みをしっかりと理解する必要があります。

所得に関する税金は収入に応じて課税されるものとなっています。
しかし、サラリーマンの所得においても給与所得空所といわれるものがあります。
これを利用することにより、年収から必要経費を差し引いた額の金額のある一定額が返金されるといった法律があります。
低所得が続いてしまっている現代ですから、こうした税金に関しての知識をしっかりともって、節税を行っていきましょう。

オススメリンク